Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Access Tips

MicrosoftAccessを活用するためのテクニックを紹介しています

コンボボックスでフィルターをかける

コンボボックスを利用するとフィルターを簡単にかけることができます。
1.帳票フォームを準備する。(データはサンプル)

f:id:BeansWorks:20141126202241p:plain

 

2.フォームデザインツールで[デザイン]-[コンボボックス]を選択する。

f:id:BeansWorks:20141126202301p:plain


3. 「コンボボックスウィザード」ウインドウが表示されたら[キャンセル]をクリック。

f:id:BeansWorks:20141126202328p:plain


4.フォームに「コンボボックス」が配置されたら「プロパティシート」の[データ]-[値集合ソース]のビルドボタンをクリックする。

f:id:BeansWorks:20141126202338p:plain


5.「クエリビルダー」の画面で「テーブルの表示」ウインドウが表示されたらテーブルを追加する。

f:id:BeansWorks:20141126202357p:plain


6.フィールドリスト「MST_Item」から「Category」を選択して、下のデザイングリッドドラッグアンドドロップ。並び替えを昇順に変更する。

f:id:BeansWorks:20141126202412p:plain

 

7.デザイングリッド上で右クリックで[集計]を選択する。

f:id:BeansWorks:20141126202434p:plain


8.集計:グループ化、並び替え:昇順を確認し[閉じる]ボタンをクリックする。

f:id:BeansWorks:20141126202444p:plain

 

9.下記のメッセージが表示されるので[はい]をクリックする。

f:id:BeansWorks:20141126202503p:plain


10.デザインビューで[プロパティシート]-[その他]-[名前]を「cmb_Category」に変更する。

f:id:BeansWorks:20141126202517p:plain


11.表示ビューでコンボボックスに値が表示されているのを確認。

f:id:BeansWorks:20141126202531p:plain

 

12.デザインビューに戻り[プロパティシート]-[イベント]-[更新後処理]のビルドボタンをクリック。

f:id:BeansWorks:20141126202547p:plain


13.「ビルダーの選択」ウインドウで[コードビルダー]を選択して[OK]をクリックする。

f:id:BeansWorks:20141126202557p:plain

 

14.コードビルダーで次のコードを入力し保存して閉じる。

-------------------------------------------------------------------

Private Sub cmb_Category_AfterUpdate()

Dim strWhere As String
strWhere = ""
If IsNull(Me![Cmb_Category]) <> True Then
If strWhere <> "" Then
strWhere = strWhere & " And "
End If
strWhere = strWhere & "MST_Item.Category Like '*" & Me![Cmb_Category] & "*'"
End If
Me.Filter = strWhere
Me.FilterOn = True
End Sub
------------------------------------------------------------------- 

 

15.コンボボックスでCategory(区分)を選択すると該当のデータのみが表示される。

f:id:BeansWorks:20141126202700p:plain

 

サンプルファイルダウンロード

www.dropbox.com