Access Workshop

Innovation in the workplace.

Tips

SampleAppsで学ぶFileMaker[Tips10.割り当てられたタスク一覧を連絡先に送信]

「イベント管理.fmp12」の「連絡先詳細」メニューにある[割り当てられたタスク]タブの[タスク一覧を電子メールで送信]ボタンには「割り当てられたタスク一覧を連絡先に送信する」というスクリプトが設定されています。 割り当てられたタスク一覧を連絡先に送…

SampleAppsで学ぶFileMaker[Tips09.ゲストに予定を送信]

「イベント管理.fmp12」の「イベント詳細」メニューにある[ゲスト]タブの[処理]ボタンをクリックするとポップオーバーの中に[電子メールで送信]というボタンがあり、「ゲストに予定を送信」というスクリプトが設定されています。 ゲストに予定を送信 『1行目…

SampleAppsで学ぶFileMaker[Tips08.イベントレポートを協力者に送信]

SampleAppsで学ぶFileMakerTips[イベントレポートを協力者に送信] 「イベント管理.fmp12」の「イベント詳細」メニューにある[イベントレポート]のポップオーバーボタンには[電子メールで送信]というボタンがあり、「イベントレポートを協力者に送信」という…

SampleAppsで学ぶFileMaker[Tips04.ポップオーバーボタンの実装]

「イベント管理.fmp12」のイベントレイアウトではポップオーバーボタンが 使用されています。ポップオーバーを使用すると、別のレイアウトやウイン ドウに移動せずに追加の詳細やデータのコントロールにアクセスできるので、 作業状況を維持できます。 デザ…

SampleAppsで学ぶFileMaker[Tips03.キーワードによるソート]

「イベント管理.fmp12」のイベントレイアウトではイベントボタンで選択した キーワードによりソート処理をしています。イベントボタンには下記スプリクト が設定されています。 【03.トリガ|イベント一覧をソート[Getスクリプト引数]】 『1行目』 変数を…

SampleAppsで学ぶFileMaker[Tips05.スクリプトについて]

「イベント管理.fmp12」のスクリプトメニューで「スクリプトについて...」という項目を選択できるようになっています。 これは「スクリプトワークスペース」でチェックマークをオンにするとメニューに表示される仕様になっています。 スクリプトの内容は以下…

SampleAppsで学ぶFileMaker[Tips01.写真オブジェクト表示]

「イベント管理.fmp12」の連絡先詳細レイアウトでは顔写真を貼り付けるオブジェクトフィールドが配置されていますので、このフィールドに写真をドラッグすると写真が貼り付きます。 ただ、通常はフィールドを配置しただけだと無地になっています。これでもも…

SampleAppsで学ぶFileMaker[Tips02.レイアウト切り替え]

「イベント管理.fmp12」のイベントレイアウトでの各ボタンの機能を解説します。 [連絡先]ボタン [連絡先]ボタンには単一ステップでレイアウト切り替えが設定されています。 [期間]ボタン [期間]ボタンにはスクリプトトリガ「OnObjectValidate」で「トリ…

スライドコントロールをボタンで切り替える

スライドコントロールはタブコントロール機能と同様に、スライドを追加して切り替えることができるので、見やすいレイアウトを作ることができます。 スライドコントロールの切り替えは、ナビゲーションドットやスワイプで可能ですが、直接ではなく、ボタンの…

Sample Appsで学ぶスクリプト【イベント管理】

FileMakerにはすぐに使用できる16のサンプルアプリが収録されています。今回は「イベント管理」アプリをお手本にしてスクリプトを学んでいきましょう。 About This Apps イベント管理 スクリプトワークスペース このスクリプトについて PDFを生成 イベントレ…

テンプレートでFileMakerの便利な機能を学ぼう!

FileMaker ProにはCustomApp開発に参考になる「Starter」と呼ばれるテンプレートやより高度な「Sample App」が多数収録されています。これらは起動時のウインドウから選択してすぐに作成し、使用することができるようになっています。これらの豊富なテンプレ…

オブジェクトデータの外部保存

写真等のオブジェクトデータをFileMakerのファイル内ではなく外部フォルダーで保存することができます。 1.[ファイル]-[管理]-[オブジェクト]でオブジェクトの保存場所を指定出来ます。 保存フォルダーの準備 2.[フィールド]-[オプション]-[データの格納]で…

QRコードの作成

1.レポート画面にActiveXコントロール(Microsoft BarCode Control 16.0)を挿入します。 2.プロパティでQRコードを選択します。 3.バーコードの元レコードとしてコントロールソースを指定します。

iOSで位置情報を取得してMapを表示する

1.位置情報を格納するフィールドを2つ(「LOC」,「LOC2」)作成しておきます。 2「LOC」フィールドの計算値オプションで「.LocationValues ( 100; 30 )」を設定しておきます。 3.「LOC2」フィールドの計算値オプションで「GetValue ( LOC ; 1 )& "," & GetVal…

グループ毎の連番付与方法

月ごとに連番を取得する方法です。月が替わると連番がリセットされ0001から連番を自動的に付与します。 1.集計フィールドを作成します。 2.オプションで「Month」フィールドを「カウント」する設定にしておきます。 3.レイアウト画面で「Month」項目をドロッ…

ファイル名に日付を自動入力してエクスポートする

Excel形式のファイルを出力する時に、スクリプトを使って日付を含めたファイル名を自動的に付けることができます。 1.スクリプトは以下の通りになります。 2.変数の名前を下記の様に指定します。 3.値の[指定]ボタンをおして詳細を入力します。ここで使用し…

年月の自動入力

年月を「201904」の様に数字で自動入力したい時には下記設定をします。 1.フィールドタイプを数字にして、入力値の自動化オプションを[計算値]にします。 フィールドオプション 2.計算式を下記の様に設定します。 年月計算式

コンボボックスでフィルターをかける

コンボボックスを利用するとフィルターを簡単にかけることができます。1.帳票フォームを準備する。(データはサンプル) 2.フォームデザインツールで[デザイン]-[コンボボックス]を選択する。 3. 「コンボボックスウィザード」ウインドウが表示されたら…

コンボボックスでフィルターをかける

コンボボックスを利用するとフィルターを簡単にかけることができます。1.帳票フォームを準備する。(データはサンプル) 2.フォームデザインツールで[デザイン]-[コンボボックス]を選択する。 3. 「コンボボックスウィザード」ウインドウが表示されたら…

ふりがなフィールドの設定

ふりがなを自動入力してみよう1.プロパティシートで[その他]-[ふりがな]で詳細設定のボタンをクリック 2.[ふりがなウィザード]ウインドウでふりがなの入力先を指定する サンプルファイルダウンロード #003Aふりがなフィールドの設定.zip 全国送料無料…

ふりがなフィールドの設定

ふりがなを自動入力してみよう1.プロパティシートで[その他]-[ふりがな]で詳細設定のボタンをクリック 2.[ふりがなウィザード]ウインドウでふりがなの入力先を指定する サンプルファイルダウンロード #003Aふりがなフィールドの設定.zip 全国送料無料…

ファンクションキーに機能を割り当てる

マクロを使ってファンクションキーに機能を割り当てる方法 1. [作成]-[マクロ]でマクロツールを表示しプルダウンメニューから「サブマクロ」を選択 2.サブマクロ名を{F1}とし、新しいアクションは「フォームを開く」を選択する 3.フォーム名を選択し、マ…

ファンクションキーに機能を割り当てる

マクロを使ってファンクションキーに機能を割り当てる方法 1. [作成]-[マクロ]でマクロツールを表示しプルダウンメニューから「サブマクロ」を選択 2.サブマクロ名を{F1}とし、新しいアクションは「フォームを開く」を選択する 3.フォーム名を選択し、マ…

バーコードを表示する

レポートにバーコードを表示して活用する 1.バーコード表示したいデータの入ったテーブルでレポートを作成し、[デザイン]-[コントロール]-[ActiveX コントロール]をクリック 2.ActiveXコントロールの挿入ウインドウで「Microsoft バーコードコントロー…

バーコードを表示する

レポートにバーコードを表示して活用する 1.バーコード表示したいデータの入ったテーブルでレポートを作成し、[デザイン]-[コントロール]-[ActiveX コントロール]をクリック 2.ActiveXコントロールの挿入ウインドウで「Microsoft バーコードコントロー…

オートナンバー型フィールドの連番を振りなおす

1.オートナンバー型のフィールドの値は追加クエリを使って1から振りなおすことが可能です。 2.ナビゲーションウインドウで対象のテーブルを指定し、右クリックでコピーする。 3.もう一度右クリックで貼り付けすると「テーブルの貼り付け」ダイアログが表示…

オートナンバー型フィールドの連番を振りなおす

1.オートナンバー型のフィールドの値は追加クエリを使って1から振りなおすことが可能です。 2.ナビゲーションウインドウで対象のテーブルを指定し、右クリックでコピーする。 3.もう一度右クリックで貼り付けすると「テーブルの貼り付け」ダイアログが表示…

住所入力支援機能で自動入力後にカーソルを末尾に移動する

住所入力支援機能をつかって自動入力した住所の続きを入力しやすいようにカーソルを移動します。 1.プロパティシートで[データ]-[更新後処理]で詳細設定のビルドボタンをクリック 2.「ビルダーの選択」ウインドウで「コードビルダー」を選択し[OK]をク…

住所入力支援機能で自動入力後にカーソルを末尾に移動する

住所入力支援機能をつかって自動入力した住所の続きを入力しやすいようにカーソルを移動します。 1.プロパティシートで[データ]-[更新後処理]で詳細設定のビルドボタンをクリック 2.「ビルダーの選択」ウインドウで「コードビルダー」を選択し[OK]をク…

Excelインポート時のデータ型変換エラーへの対応

Excel のデータをインポートする時にデータ型変換エラーというメッセージが表示される場合があります。AccessではExcelのレジストリで指定されてる行までデータを読み取ってデータ型を決定しているので指定された行以降に違う型のデータが入っているとエラー…