Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Access Tips

MicrosoftAccessを活用するためのテクニックを紹介しています

Database Template #001A Address住所管理

テンプレートを参考にして簡単な住所録をつくってみましょう! 1.データベース概要 2.新規データベースの作成 3.テーブルの作成 4.フォームの作成(Edit) 5.フォームのプロパティ設定 6.フィールドの追加 7.タブオーダーの設定 8.フォームの作成(List) 9.コー…

オートナンバー型フィールドの連番を振りなおす

1.オートナンバー型のフィールドの値は追加クエリを使って1から振りなおすことが可能です。 2.ナビゲーションウインドウで対象のテーブルを指定し、右クリックでコピーする。 3.もう一度右クリックで貼り付けすると「テーブルの貼り付け」ダイアログが表示…

住所入力支援機能で自動入力後にカーソルを末尾に移動する

住所入力支援機能をつかって自動入力した住所の続きを入力しやすいようにカーソルを移動します。 <a href="http://access.hatenadiary.jp/entry/2014/11/25/204456" data-mce-href="http://access.hatenadiary.jp/entry/2014/11/25/204456">住…

Excelインポート時のデータ型変換エラーへの対応

Excel のデータをインポートする時にデータ型変換エラーというメッセージが表示される場合があります。AccessではExcelのレジストリで指定されてる行までデータを読み取ってデータ型を決定しているので指定された行以降に違う型のデータが入っているとエラー…

追加クエリを作成する

あるテーブルから別のテーブルにレコードを追加します。 1.追加元と追加先のテーブルをそれぞれ準備します。 2.[作成]-[クエリデザイン]をクリック。 3.クエリビルダーで「テーブルの表示」ウインドウが表示されたら追加元のテーブルを追加する。 4.フィ…

Excel形式でファイル出力する

テーブルやクエリーをExcelで出力する 1.デザインビューで[デザイン]-[ボタン]をクリックしボタンを配置する。 2.プロパティシートの[その他]で[名前]を「btn_Export」に変更し、[イベント]-[クリック時]のビルドボタンをクリックする。 3.「ビ…

起動時の設定

アプリケーションオプションによって起動時の設定を変更することができます。1.[ファイル]-[オプション]をクリック。 2.「Accessのオプション」ウインドウで[カレントデータベース]をクリックし各項目を設定する。 アプリケーションオプションアプリケ…

IME入力モードを自動で切り替える

入力モードに切り替えをあらかじめ設定しておくとデータ入力が便利になります 1.テーブルをデザインモードで開き、[IME入力モード]で規定の入力モードから入力するデータに合わせてモードを変更する。 ※フォームのデザインビューで後からIME入力モードを変…

タブ順を設定する

フォームで任意の順番にデータ入力したい場合にタブ順を設定します。 1.フォームをデザインビューで開き[デザイン]-[タブオーダー]を選択。 2.「タブオーダー」ウインドウでフィールド行をドラッグで並び替え[OK]をクリックする。

コンボボックスで入力済データを表示する

コンボボックスの入力候補(値集合ソース)にすでに入力したデータを表示して再利用ができます。1.既存のフィールドを右クリックし[コントロールの種類の変更]-[コンボボックス]を選択する。 2.プロパティシートで[データ]-[値集合ソース]のビルドボ…

ボタンの使用可能プロパティを切り替える

使用するタイミングに応じてボタンを使用可能にして誤操作を防ぐ1. コンボボックスでフィルターをかける - Access Tipsで作成したファイルを準備する。 <a href="http://access.hatenadiary.jp/entry/2014/11/26/202713" data-mce-href="http://acces…

コンボボックスでフィルターをかける

コンボボックスを利用するとフィルターを簡単にかけることができます。1.帳票フォームを準備する。(データはサンプル) 2.フォームデザインツールで[デザイン]-[コンボボックス]を選択する。 3. 「コンボボックスウィザード」ウインドウが表示されたら…

住所入力支援機能をつかう

1.プロパティシートで[その他]-[住所入力支援]で詳細設定のビルドボタンをクリック 2.[住所入力支援ウィザード]ウインドウで郵便番号を入力するテキストボックスを指定する 3. 6通りの[住所の構成]よりひとつ選択し、住所を入力するテキストボックス…

レポートで表示するレコードが無いときにメッセージを出す

1. レポートをデザインビューで開きプロパティシートの[イベント]-[空データ時]の詳細設定ボタンをクリック 2.「ビルダーの選択」ウインドウで「コードビルダー」を選択し[OK]をクリック 3.「Microsoft Visual Basic for Applications」のウインドウで…

確認メッセージを非表示にする

レコードの削除やアクションクエリーの実行時に出る確認メッセージを非表示にします1.[ファイル]-[オプション]をクリックし、「Accessのオプション」ウインドウで[クライアントの設定]を選択する 2.[編集]-[確認]で「レコードの変更」「オブジェク…

ふりがなフィールドの設定

ふりがなを自動入力してみよう1.プロパティシートで[その他]-[ふりがな]で詳細設定のボタンをクリック 2.[ふりがなウィザード]ウインドウでふりがなの入力先を指定する サンプルファイルダウンロード

ファンクションキーに機能を割り当てる

マクロを使ってファンクションキーに機能を割り当てる方法 1. [作成]-[マクロ]でマクロツールを表示しプルダウンメニューから「サブマクロ」を選択 2.サブマクロ名を{F1}とし、新しいアクションは「フォームを開く」を選択する 3.フォーム名を選択し、マ…

バーコードを表示する

レポートにバーコードを表示して活用する 1.バーコード表示したいデータの入ったテーブルでレポートを作成し、[デザイン]-[コントロール]-[ActiveX コントロール]をクリック 2.ActiveXコントロールの挿入ウインドウで「Microsoft バーコードコントロー…